仮想通貨を持つとどんな事が出来るの?~ビットコイン編~

ビットコインを始め、仮想通貨の単語をテレビやネットのニュースで見かける機会がここ数年で増えてきたと思います。ニュースだと敷居が高そうなイメージがありますが実際は持つ事自体は非常に簡単です。

しかし持っていても使い道が分からなければ宝の持ち腐れです。なのでここからは、ビットコインを例に仮想通貨を持つとどの様な事があるかについて解説していきましょう。

ビットコインを持っているとどんな得があるか

ビットコインの使い道
ビットコインをわざわざ購入するからには何かしらのメリットが無いと困りますよね?ビットコインにはこ゚の様な使い方があります。

1.売却して現金にする

ビットコインの相場は毎日変動しており時価は安定していません。

しかし逆を言えば、タイミングさえ見計らえば手元に持っているビットコインを時価が高いまま売る事で購入した時よりも高く現金として手にする事も可能になり、地道に貯金して大金を得るよりも簡単に早く大金を得る事も可能になります。

とは言え必ず高くなるとは限らず下落してしまう事もある為「売るタイミングを見極める=毎日チェックする」ぐらいの事はしておきましょう。

2.現金や電子マネーの代わりに使う

ビットコインは貯めて売ってお金にする以外にも、お買い物の際の決済方法として使用する事が可能です。

現在ではビックカメラやコジマ等の大手家電量販店からDVDや動画レンタルサイトのDMM.com等まだ一部の店舗でのみの対応で、数は少ないですがビットコイン決済を取り入れており手持ちの現金やクレジットカードが無い時の支払いの選択肢として使う事も可能になっています。

ビットコインを貰う方法は何がある?

ビットコインを使う為にはビットコインそのものをまずは持っておく必要があります。ビットコインが貰う方法として以下のやり方が始めやすいです。

1.取引所での購入

ビットコインに限らず仮想通貨には取引所と呼ばれる仮想通貨の売買を行う為の場所があります。

その中でもコインチェックやビットフライヤーではビットコイン以外の仮想通貨の売買にも対応しリアルタイムでの相場のグラフも表示されている為今の時価がどれぐらいなのかも確認しやすいです。

売却したビットコイン分のお金も実際に引き出すのも取引所で可能になります。

2.ポイントで貰う

アンケートサイトやポイントサービスで貯まった特定のポイントを現金にしたりそのまま貯めて関連サービスのポイントに変換したりと使い道はありますが、近年ではそこにビットコイン等の仮想通貨へ交換の選択肢も増えてきています。

ビットコインは購入しなければいけないのですが、時価に寄って変動する為購入したくても高くついて躊躇してしまう人も多く見られます。

しかしポイントならば現金と違って使い道が限られている事も多く、無駄なく使えるなら仮想通貨に交換する人も増えてきています。金額自体は微々たる物でも現金を支払わずにビットコインを入手して利用できるのは大きいです。

ビットコインの入手方法も簡単、使い道も以上のやり方を参考にすれば持て余す事も無いので困る事はありません。

仮想通貨を始めたいなと思ったら参考にしてくれると幸いです。